Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishJapaneseKorean

Peanuts Blog[かぎや盛岡べん別館]

コロナ禍は厳しい…その時々の気づきを書き綴ります。55歳過ぎての、定年前のシルバー起業。 このままでは楽しくないと… 横浜市の支援と信用保証、銀行融資を活用して、必要な国家資格などを取得。生業としてこれからの働き方改革を自分自身に適用しました。

[WordPress] PageSpeed Insights ALL Green!!

PHP8.1を適用し、テーマもLightning G3へ変更してから1週間ほど経過しました。その間細かい調整を再度見直して、調整しながらテストをしていましたが、今回やっと「携帯電話」セクション、「デスクトップ」セクション両方にて「ALL Green」となりました。

「携帯電話」セクションでは80ポイント台がほとんどですが、これまでに何度か92ポイントをスコアしたことがあります。ここら辺で一旦修正作業は中止して様子を見て行こうと思います。

[WordPress]WAFを一旦停止する。対処方法 ”更新に失敗しました。 返答が正しい JSON レスポンスではありません。”

WordPressで記事や投稿の更新、プラグイン「Snow Monkey Forms」などの設定変更後の設定保存のときに下記のエラーが出ることがあリます。

更新に失敗しました。 返答が正しい JSON レスポンスではありません。

このような時には、サーバー側管理画面でのWAF*1を一時的にOFFにすることで保存できるようになります。保存したらすぐにWAFをONにすることを忘れないことです。

操作方法は下記を参照ください。

筆者の場合は、上記のようなhatena ブログカードのJAVA SCRIPTの埋込コンテンツが含まれていると、このようなエラーが出る時がありました。

*1:WAF(ワフ)は”Web Application Firewall”の略で、「Webアプリケーションの脆弱性を悪用した攻撃」からWebサイトを保護するセキュリティ対策です。

[WordPress]Speed Indexの改善。EWWW Image Optimizerの遅延読み込みは設定不要

WordPress 5.5以上には「遅延読み込み機能」が標準仕様である事だった。JetpackやEWWW Image Optimizerプラグインは導入しているが、機能の重複でパフォーマンスが低下していたことが判明しました。

つまり遅延読み込み機能がWordPress標準機能と完全に干渉するため、設定オフにするのは、

  • Jetpack(最新版は既に項目は消えています)
  • EWWW Image Optimizer
  • Autoptimize

EWWW Image Optimizerの遅延読み込み機能のチェックを外したら、これまでボトルネックだった「Speed Index」がグリーンに改善しました。

きっかけとなったのは、サイトリニューアルでLightningを採用した時でした。画像のLazy LoadはJetpackと干渉しないようにEWWWで設定していましたが、表示がヒョコヒョコ動いていました。 特にサイトロゴのトップのページです。ちょっと調べたら下記の内容がありました。

そこには、「WordPress5.5以上では画像遅延読み込み機能は標準」とあります。機能が干渉していたんですね。

その他の設定項目は下記のサイトを参照しました。

【2023年度版】WordPressでWebP変換&対応させる方法 | ウェブスペ

かなり前から間違った設定だったことに気が付いて良かったです。